MENU

敏感肌のクレンジング方法とは?

敏感肌の場合、スキンケアの方法にも工夫が必要です。
肌の刺激にならないよう、正しく行わなければ、肌トラブルにもなりかねません。
スキンケアで一番重要なのは、肌の汚れを落とすクレンジングです。
ここでは、敏感肌の正しいクレンジング方法をご紹介します。

 

敏感肌は、摩擦や紫外線などの外部からの刺激に弱く、
水分不足で乾燥し、肌本来がもっているバリア機能が低下、
ターンオーバーの周期も乱れています。
スキンケアで肌がピリピリしたり、衣服で皮膚が赤くなったり
肌荒れを起こしやすのが、敏感肌の特徴です。

 

敏感肌の正しいクレンジング方法は、
摩擦・刺激を与えないことです。
ゴシゴシ洗いや、熱いお湯や冷たい水での
クレンジングはNGです。短時間でやさしく、
ぬるま湯で洗い流すのがポイントです。

 

@手を洗い、清潔にする
A目元・口元のポイントメイクをリムーバーで素早く落とす
B適量のクレンジングを手に取る
CTゾーン⇒Uゾーン(頬・顎)に乗せ、顔全体に馴染ませる
Dぬるま湯で少しずつ洗い流す
E柔らかいタオルでやさしく水分を拭う

敏感肌にやさしいクレンジングの選び方とは?

スキンケアで一番重要なのは、メイクや汚れをしっかり落とすクレンジングです。
一言でクレンジングといっても、その種類はさまざまです。
健康な肌の方にとっては何の問題がなくても、敏感肌の方にとっては、
肌に刺激が強すぎてしまい、トラブルが起きてしまうこともありますよね。
ここでは、、敏感肌にやさしいクレンジング選びのポイントをまとめました。

 

クレンジングは、大きく分けると、拭き取り・オイル・ジェル・
クリーム・ミルクタイプの5種類です。
敏感肌の場合、クレンジングを選ぶ際に注意すべき点は、

低刺激であること(フリー処方)」
保湿成分(セラミド・ヒアルロン酸)が
配合されていることです。

 

拭き取り・オイルタイプのメリットは洗浄力の高さですが、
肌に刺激が強いため、敏感肌にはリスクが大きいので、
クリーム・ミルクタイプがおすすめです。

 

クリームタイプ
ジェルタイプよりも皮脂を落としすぎないので乾燥を防ぎます
ミルクタイプよりもメイクが落としやすいのが特徴です。

 

ミルクタイプ
摩擦が起こりにくく、低刺激で皮脂を落としすぎないのが特徴です。
目元・口元のポイントメイクは落ちにくいため、ナチュラルメイク向きです。

「つつむ」

「つつむ」ジェントルクレンジングについて、ご紹介します。
「つつむ」ジェントルクレンジングは、ポーラ・オルビスグループの敏感肌・
乾燥肌ブランド「ディセンシア」のクレンジングクリームです。
肌に摩擦を与えず、メイクと馴染むとオイルのような質感に変化し、
潤いを守りながら洗えるのが特徴です。

 

敏感肌の場合、一番の大敵は「摩擦・刺激」です。

「つつむ」ジェントルクレンジングは、コシと弾力があるので

手と肌のクッションとなるため、摩擦・刺激を避けることができます。

 

また、メイクや汚れと馴染むと、テクスチャーがオイル状に
変化し、しっかりとメイクや汚れを落とします。
しかも、肌に必要な皮脂まで落としてしまうことはないので、
乾燥を防止し、潤いをキープすることができます。
指先の感触が軽くなったときが洗い流すサインです。

 

さらに、テオブロマグランジフロルムの種子から抽出した天然油
「クパス」角質を保護し、肌をしっとりに仕上げます

 

>>潤い敏感肌ケア<つつむ> 最安値はコチラ<<

 

 

「テラクオーレ」

「テラクオーレ」クレンジングミルクについて、ご紹介します。
「テラクオーレ」クレンジングミルクは、口コミサイトクレンジング部門で
第一位を取得お客様満足度91%・リピート率1を誇る、
オーガニックローズの贅沢クレンジングです。

 

「テラクオーレ」クレンジングミルクの特徴は次の4つです。

 

ローズのアロマ
 ダマスクローズ900輪分のエキスが凝縮されています。

 贅沢な香りで優雅な気持ちに、豊富な美容成分が

 肌にハリと潤いを与え、乾燥から守ります

 

W洗顔不要
 オリーブオイルが油性の汚れをオフし、オリーブ石鹸が
 古い角質や毛穴汚れをしっかりオフします。
 メイクをしていないときの洗顔料としても使えます。

 

15種類の植物美容成分
 アロエ・カモミール・カレンデュラ・グレープフルーツ・スイカズラ・
 ブッチャーブルーム・ブドウ・ビルベリーなど、15種類の植物の力で
 みずみずしい肌へ整えていきます

 

オーガニック
 原料95.98%がオーガニックで、オーガニック認証を取得しています。
 鉱物油・合成着色料・合成香料・石油由来界面活性剤・パラベン・
 アルコールは一切使用していません。

 

>>テラクオーレ 最安値はコチラ<<

 

 

「リ・ダーマラボ」

「リ・ダーマラボ」モイストゲルクレンジングについて、ご紹介します。
「リ・ダーマラボ」モイストゲルクレンジングは、女性誌やWEBメディアでも
話題沸騰中、2015年にはモンドセレクションゴールドアワードを受賞、
美容皮膚科医も認めた、注目の濃厚美容液クレンジングです。

 

「リ・ダーマラボ」モイストゲルクレンジングの特徴は、次の4つです。

 

毛穴効果
 こんにゃく由来スクラブが凸凹毛穴の汚れや古い角質に吸着し、

 肌に潤いを与えながら、キレイにオフします。

 

洗浄力
 保湿成分だけで、目元や口元のポイントメイク・日焼け止め・
 ファンデーションはもちろん、酸化した皮脂汚れも落とします。
 W洗顔不要・まつエクもOKです。

 

エイジングケア
 スーパーヒアルロン酸・コエンザイムQ10・天然ナノセラミド・
 アミノ酸・水溶性ビタミンCなど、42種類もの美容成分
 モチモチ・しっとり肌へと導いていきます。バリア機能が守られ、
 水分の蒸発量は、W洗顔の5分の1に抑えられます。

 

毛穴対策
 たるみ・開き・詰まりなどの毛穴の悩みにアプローチする
 アーチチョークエキス・イノバラ果実エキス・セイヨウナシ果実エキス・
 エナンチアクロランタ樹皮エキスを配合しています。

 

「リ・ダーマラボ」モイストゲルクレンジングは1本で、メイク落とし・洗顔・
マッサージ・導入美容液の4役を果たします。

 

 

>>リ・ダーマラボ 最安値はコチラ<<

 

 

おすすめ洗顔石鹸はコチラ!

敏感肌の方にとっては、毎日の洗顔も重要なポイントです。
敏感肌は、スキンケアのときにピリピリしたり、赤みや痒みが発生するなど、
刺激や摩擦に非常に敏感なので、何が敏感肌に良いのか、
何を基準に選べば良いのか分からないという方も多いと思います。

 

そこで、おすすめなのが「洗顔石鹸」です。

紀元前3000年頃から洗浄剤の一つとして使用されている石鹸は、

体や手を洗うものというイメージですが、基礎化粧品にはない
メリットも多く、近年では敏感肌の方にも安心して使用できる

「洗顔石鹸」が注目されています。

 

敏感肌に「洗顔石鹸」が良いのには理由があります。
まずは、天然成分でつくられていることです。
石鹸の洗浄成分は、天然界面活性剤なので、
肌へのダメージが少なく必要な皮脂は落とさずに
不要な汚れだけを落とします
また、洗顔石鹸で、洗顔もクレンジングもできるのが人気の秘密です。

 

敏感肌の方におすすめの洗顔石鹸は次の通りです。

 

NonA(ノンエー)
どろあわわ

 

引き続き、詳しくご紹介します。

「NonA(ノンエー)」

「NonA(ノンエー)」について、ご紹介します。
「NonA(ノンエー)」は、7万件以上の悩みから生まれた、薬用ニキビ専用石鹸です。
女性向けの情報番組でも紹介され、思春期ニキビや
大人ニキビに悩んでいる女性の間で人気が急上昇しています。

 

「NonA(ノンエー)」の特徴は、弾力のあるキメ細やかな泡です。

しかも、洗顔で一番大切な「たくさんつくり出す」ことで、
敏感肌の大敵である「摩擦・刺激」を与えません
「NonA(ノンエー)」の弾力のある泡をつくるために
開発された「カリ含有石鹸素地」は、
通常の石鹸と比較すると、約4倍の弾力があり、
手のひらに乗せて下を向けても落ちません。

 

また、次の潤い天然成分がニキビにできにくい肌をつくります。

 

ローヤルゼリー
 22種類のアミノ酸など、豊富な成分が健やかな肌をつくります。

 

ヒアルロン酸
 1gで6リットルの水分を吸収します。肌の潤いには欠かせません。

 

リピジュア
 持続性に優れた潤い成分です。外部の刺激から敏感肌を守ります

 

>>NonA(ノンエー) 最安値はコチラ<<

 

 

「どろあわわ」

「どろあわわ」について、ご紹介します。
「どろあわわ」は発売開始以来の出荷個数830万個を突破
泥洗顔市場で5年連続売上1、使い続けたい98%を誇る、
無添加・無着色・無鉱物油のどろ豆乳石鹸です。

 

「どろあわわ」の特徴は、高い保湿効果のある「豆乳発酵液」

配合しているところです。大豆イソフラボンを乳酸菌で
発酵させることで、肌への浸透力がグンと高まります

 

また、コラーゲン・ヒアルロン酸・黒砂糖エキスの3つの
保湿成分が肌に潤いを与え、しっとりモチモチをキープします。
さらに「沖縄産マリンシルト」「国産ベントナイト」
2つの泥パワーで、毛穴の汚れ・黒ずみをしっかり落とし
清潔な肌を保ちます。

 

「どろあわわ」は、へたれない濃密泡クッションで肌を守り、
敏感肌の大敵である「摩擦・刺激」を与えません
泡立てネットの根元から、泡を丁寧に絞りとると、
誰にでも簡単な、10円玉も沈まない、逆さにしても落ちない、
へたれない濃密泡クッションが出来上がります。

 

 

>>どろあわわ 最安値はコチラ<<

 

 

濃密炭酸泡洗顔「D.U.O. ザ フォーム」

濃密炭酸泡洗顔「D.U.O. ザ フォーム」について、ご紹介します。
濃密炭酸泡洗顔「D.U.O. ザ フォーム」は、1本で洗顔・マッサージケア・
リスぺマスクの3役をこなす、ベルベットのような質感の洗顔料です。

 

濃密炭酸泡洗顔「D.U.O. ザ フォーム」の特徴は、
炭酸ガスがつくり出す、しっかりと弾力のある濃密泡です。
ワンプッシュで濃密泡がつくり出せるので、泡立てる必要もありません。

アミノ酸系の洗浄成分が、毛穴汚れまでしっかりと除去します。

 

さらに、35種類のエイジング成分が角質層まで浸透し、

ハリ・弾力アップ、透明感、保湿、毛穴引き締め
アンチエイジング効果を高め、もっちり肌へ導きます。

 

濃密炭酸泡洗顔「D.U.O. ザ フォーム」は、パラベン・鉱物油・
石油系油脂・石油系界面活性剤・合成香料・合成着色料・
アルコールと、7つの無添加で敏感肌にもやさしい洗顔料です。

 

濃密炭酸泡洗顔「D.U.O. ザ フォーム」は、高級ダマスクローズ精油の香りが
女性ホルモンに作用し、リラックス効果も高めてくれます。

 

>>D.U.O. ザ フォーム 最安値はコチラ<<

 

 

敏感肌のクレンジングだけじゃなく洗顔後の保湿が肝心!

敏感肌の正しいクレンジグ方法、おすすめのクレンジング、
おすすめの洗顔料などをご紹介してきましたが、
敏感肌は、クレンジング・洗顔だけではなく、
洗顔後の保湿も重要なポイントです。

 

そもそも、敏感肌とは、肌のバリア機能が低下し、
ちょっとした外部の刺激にも敏感に反応してしまう肌のことです。

スキンケアの際にピリピリする、赤くなる、痒みが出る、
衣類の摩擦で肌荒れするなどの症状ですが、
敏感肌は乾燥肌の延長線上にあるということです。

 

間違ったスキンケア生活習慣の乱れから、
肌が乾燥するようになると、肌は敏感になってしまい、
さまざまな症状としてあらわれます。

 

つまり、敏感肌を予防・改善するには、肌の保湿が重要ということです。
敏感肌の場合、クレンジング⇒洗顔のあとには、
素早く肌を保湿することが肝心です。
洗顔後は、肌の水分が失われている状態なので、
時間を開けずに、保湿成分が配合されている化粧水・美容液・
乳液・クリームなどでしっかり保湿をしていきましょう。